借入おすすめ

MENU

借入おすすめの方法を紹介!

お金に困ってどうしようもない時はお金を借りるしかありませんよね。お金を借りるいわゆる借入方法はいろいろあります。銀行に行き銀行でお金を借りる方法や消費者金融などのカードローンを利用して借りる方法もあります。他にも、銀行や消費者金融以外には家族や友達にも借入することはできますよね。

 

でも、家族や友達にお金を借りると負い目を感じてしまうこともあるし、金銭トラブルになってしまう可能性もありますよね。金銭トラブルなどを気にせずに利用したいならカードローンで借入すると良いでしょう。カードローンなら無担保で借りることができるので、必要な書類も本人確認書や収入証明書があればOKです。印鑑や担保は必要ありません。申込みもアルバイトやパートなど安定して月に収入がある方ならできます。

 

そして、急ぎでとにかくお金が必要と思っている人には、なおさらカードローンで借入するのがおすすめです。カードローンなら借入するための審査の結果も早ければ最短で30分で審査の結果を知ることが出来ます。そして、審査結果がわかれば即日でカードを発行できる機械もあるので、すぐに借入することができます。

 

でも、カードローンや消費者金融からお金を借りるのって少し怖いという印象ありませんか?具体的に何が怖いというイメージがありますか?よく皆さんが言うのが、金利や取り立てがすごいという印象があるみたいです。まず、金利については、消費者金融のカードローンに関しては昔に比べて最近は下がっています。そして取り立てじたいは、返済をしていれば問題ありませんし、今は怖いお兄さんが怒鳴って取り立てに来るということはまず、ありません。そして、もし、取り立てが気になるなら、取り立てが来ないように事前に返済計画を立てて利用すれば、取り立てに来られることもありません。

 

カードローンでいうところの金利が高いや低いというのは、サービスを理解したうえで考えるとより良いものを選んで借入することができます。実際にみなさんカードローンを利用する時に低金利で利用したいと考えている人がほとんどだと思いますが、どんなに金利が安くてもお金が必要な時に借入できなければ意味がありませんし、契約を結ぶことができても、キャッシングすることができなければ意味がありませんよね。そういった総合的なサービスを考えて実際に利用しやすいものを選ぶ方が、効率的に利用することができます。

 

ここでは便利にカードローンを利用できるように、ここでは、あなたが使いやすいカードローンを紹介していきます。

おすすめの借入方法

プロミス

審査の回答時間最短30分!

  • 最短1時間融資も可能!
  • 来店・郵送不要のご利用も可能!

◎→プロミスの詳細はこちら

 

実質年率 審査時間 評価
4.5%~17.8% 最短30分

 

おすすめの借入方法はカードローン!

カードローンでの借入はとにかく、おすすめの方法です。カードローンは無担保で借入することができるので、特別な理由は必要ありません。生活費でも引っ越し費用でもいいですし、娯楽のために借入することもできます。もちろんカードローンも審査はありますが、審査と言っても早ければ申込みした30分後には結果を聞けるので、そこまで身を構えなくても良いです。

 

審査は、あなたの金融状況を確認して本当に利用できるのかを確認するための作業です。返済できなければお金を貸したカードローンの会社も困りますしあなた自身も返済ができなくて困りますよね。お互いに便利に使うための最低限の信頼関係を築くためのものです。ためにサイトを見ていると審査なしで借入可能と言った金融機関もあるようですがそういった金融機関は、金利が高く返済も難しくなる場合があります。

 

申込みするカードローン会社はしっかり選ぶようにしましょう。あなたに合ったカードローンがきっと見つかります。

 

急ぎの場合や、少額の借入をしたい場合は消費者金融のカードローンをおすすめします。消費者金融なら少しのお金を借入することもできますし、急ぎの方にも嬉しい即日融資も可能です。先ほども言ったように審査もしてくれるので、誰でも借入できるというものじゃないので、安心して利用することができると思います。

 

消費者金融の借入方法

消費者金融での借入方法の手順を紹介していきます。まずは、どこの消費差金融に申し込みをするのかを決めます。私は、プロミスをおすすめします。プロミスは初めての人も便利に利用できるサービスがたくさんあるだけじゃなく、即日カード発行できる自動契約機の店舗が業界トップクラスです。さらに、プロミスの店舗以外に三井住友銀行のローン契約機でもカードの発行をすることができるので、急いでいる方にもおすすめできます。

 

今回はプロミスの申込み手順を紹介します。消費者金融はサービスは変わりますが、申込み方法は、ほとんど一緒なので、プロミスの申込み方法を知っておけば、他の消費者金融に申込みできるので、安心してください。プロミスに申込みする前にまず、準備するものがあります。本人確認書や収入証明書です。この2つを準備しておけばOKです。他の印鑑や担保など不要なので安心してください。申込みに必要なものが準備できたなら、次は申込みです。

 

プロミスの申込み方法は全部で5つあります。初心者で安心して借りたいという場合は、プロミス店頭窓口が1番のおすすめです。プロミスの店頭窓口はプロミススタッフが対応してくれるので、分からないことなどどんどん聞くこともできますし、返済プランを一緒に立てることができます。ただ、プロミスのスタッフに会って話すのはちょっと厳しいと思う方は多いと思います。それに、プロミスの店頭窓口は全国でも18店舗しかないので、中々来店するのが難しいという点はデメリットと言えるでしょう。

 

なかなか、みなさんお忙しいと思うので、申込みするならネット・電話・自動契約機・郵送のどれかを選びましょう。急ぎの場合はネットか電話で申込みをしましょう。ネットの場合なら申込みは24時間いつでもいいので、深夜や早朝でも申込みが出来ます。ネットの申込みの場合はカンタン入力とフル入力の2つに分かれています。急いでいる方はフル入力を利用しましょう。

 

カンタン入力を選ぶとあとでプロミスのスタッフに入力していない部分を聞かれてしまうので、電話に出れない場合など、対応できない時に困りますよね。フル入力なら入力項目は多いですが、入力すれば手続きを進めてもらえるので、時間がないなら、フル入力を選びましょう。フル入力と言ってもだいたい5分ぐらいで入力できる量なので、安心してください。入力後は審査が終了すると審査の結果がきます。審査の回答は最短30分です。

 

審査の結果を確認後にOKなら、すぐに振込キャッシングすることもできます。ただ、振込キャッシングする場合は、14時までに契約を完了させておかないといけません。平日14時までに近くにあるプロミスの店舗に行きましょう。プロミスの自動契約機に行けばすぐにカード発行できます。カード発行後は近くのATMでキャッシング可能です。この手順で申込みすれば、申込みに戸惑うことなく借入まで進めることができます。

 

そして、先ほど紹介したネット申込み→自動契約→借入の流れで申込みがプロミスを最短で申込みする方法です。もし振込ができる場合は店舗に行く手間を省くことができるので、更に早く借入することができます。

おすすめの即日で借入するならカードローン

即日で融資する場合は、申込みするカードローンが即日融資が対応できるかを調べておきましょう。適当に申込みをして、融資できない場合もありますので、必ず確認することを忘れないようにしましょう。即日融資する場合の注意点は、とにかくタイムリミットがあるということです。1日は24時間しかありません。借りるには審査が必要なので、審査を受けて審査に通らないと借入できません。

 

即日で借入するなら消費者金融のカードローンが良いです。審査もキャッシングカードの発行も即日で対応してくれるところが多く、あなたのお金の悩みも解消できるでしょう。

 

即日融資の注意点やおすすめのカードローンについては、別のページで細かく紹介しますので、そちらを参考にしてください。

 

参考:即日融資ならネット申込み!

派遣社員も借入できる?

派遣社員の方も、カードローンは利用することができます。申込みで重要なのは安定した収入があるかないのかというのが、重要です。カードローンの審査で最も重要なのは、収入があることです。収入がなければ、返済が難しいので申込みしても、審査に確実に落ちます。

 

大事なのは、働いて毎月安定した収入があることです。もし、お金に困った場合はカードローンを利用してみましょう。派遣社員の方も利用できます。お金の悩みがある場合はすぐにネット申込みをしましょう。あなたの悩みを解消できるかもしれません。派遣社員の方におすすめのカードローンなどは別のページに詳しく書きましたので、そちらを参考にしてください。

 

参考:派遣社員が借入するなら?

借入のおすすめの方法は?

やっぱり借入ならプロミスがおすすめです。プロミスは、申込みから借入れまでとにかく早い対応でしてくれます。どこかにお金を借りたいけどどこに借りたらいいのかわからないという場合はプロミスで借入をしてみるといいかもしれません。

 

金利も短期間なら負担も小さく借入事態も少額でできます。1,000円単位の借入ができるので、最低1,000円から利用することができます。これなら、携帯代や生活費に少し困った時に利用できますね。少ない金額なら、金利の負担も少ないので、そこまで気にする必要はありません。ただ、少ない金額でも長期間借入すると負担も大きくなります。

 

借入する場合は、ある程度メドが立っている時に利用することをおすすめします。

更新履歴